December 09, 2009

08 Dec 2009

  • 05:38  恋愛適齢期 07 Dec 2009: 05:37??恋愛適齢期 06 Dec 2009: 00:27??「はぁ…」 サンタクロースが子供たちからもらった手紙にげんなり。なん.. http://bit.ly/5S6Bxb #sigmasns
  • 20:20  武運長久・・・太平洋戦争で戦死した兵士たちの遺品「日の丸」に書かれた文字。郷土の誇りとして出征する兵士に送られた日の丸には、村の人たちがそれぞれの想いを寄せた署名がある。兵士はこれを大切に鉄兜の中に入れて戦地で戦い、そして死んでいった。
  • 20:26  戦死した日本兵の「日の丸」がいま、アメリカで売買されている。ある収集家は200枚以上持っており、蚤の市などで一枚200ドルで売っている。彼はいう・・・「ありのままの姿をただ見ているだけで美しい。芸術品だ!」芸術品だから高く売買していいのか?日本人兵士の魂だぞ!といっても通じない。
  • 20:30  哀しいことだ。太平洋戦争の戦死者は210万人。そのうち115万人柱は遺骨も遺品も見つかっていない。激戦地だったサイパンでは4万人が戦士した。そこで日本人と戦った元アメリカ兵(87)は、目の前で自殺した日本兵の日の丸を持ちかえった。捕虜になることを拒み、なぜ自殺したのか?
  • 20:34  アメリカ兵にとって殺しても殺してもバンザイと叫んで突撃してくる日本人との白兵戦は衝撃的だった。だれもが驚き恐れおののいたことだろう。そんな死に向かって突撃する日本人が哀れだった。彼はその日の丸を遺族に返したいと願っている。
  • 20:37  遺族に返すことができれば、彼が長年背負ってきたものから開放されるのではないかと思っている。こうした日の丸の返還の問い合わせがアメリカなどから年間200件あるという。しかし日の丸の遺族探しは難しい。アメリカで売買され、遺族も見つからない。兵士たちの「日の丸」はいまもさまよっている。
  • 20:43  今日は真珠湾攻撃から68年目にあたる。1960年代「もはや戦後ではない」と謳って、高度経済成長時代をまっしぐらに突き進んだ日本人は、「忌まわしく悲惨な戦争の事実から目を背けてきたのではないか。60数年たっても、戦争に向き合い真摯に議論をして総括することを避けてきた。」
  • 20:45  昭和史に詳しい半藤一利さんは指摘していた。「そのことが日の丸の遺族探しを困難にしており、兵士たちはいまもさまよっている。」と同氏はいう。
  • 20:58  私は戦後生まれで、戦争の悲惨さは実感できない。想像するしかないが、手足が吹き飛び臓物が飛散した死体の映像をみると、その悲惨さに言葉もでなくなる。日本は64年の長きにわたって自国の戦争がなかった世界でも稀な恵まれた国である。そんな国に生まれて良かったと思う。
  • 21:02  美しい山と川のある故郷、そこに暮らす人々を守るために戦争はあってはならないことである。我々は戦争の悲惨を体験した人々の記憶を受け継ぎ、後世に伝えていく義務があるのだと思う。「戦後」はまだ終わっていない。
  • 22:26  @nickjmori should take a look at it!  [in reply to nickjmori]
Powered by twtr2src.