January 22, 2005

日本語が扱えるようになったようだ

しばらくBlogger.comにご無沙汰していた。自分のプロフィールと過去の投稿記事を見ると、昨年8月からはじまっている。最新のブログ・サイトやツールを調べ、試しに使い出した初期のサイトであることを思い出している。もう5ヶ月が経とうとしている。

このサイトはアメリカ在住の頃に知り、試したことがあるのでファミリアに感じ、また一昨年にGoogleが買収したという因縁にも興味があって使い出した。使うといっても、日々ブログを書くというのではなく、機能や使い勝手をチェックするのが主目的である。

イメージの貼り付けがうまくいかなかったり、日本語が文字化けしたりして、嫌気が差して中断していた。あとは、写真だけをアップロードしたくらいである。なんだか日本のサイトでは気恥ずかしいような写真なのと、アメリカ人のほうが興味を持つと思い、このサイトにアップした。

日本に軸足を移して3年も経つと、やはり日本語のほうが筆が進むようになった。最初の頃は国語辞典を参照しながら片手で打つなどしてたいへんに時間がかかったのが、いまでは、考えるのと同じくらいのスピードで打てるようになった。しかし、英語も使わないと忘れていくのが心配である。

1 comment:

cicada said...

同感だ!母国語がほとんど使わず、日本語と同じように綴り方がよく間違って、打つことがたいへん遅い。三国語を持ってと言っているんですが、いずれにも上手じゃなくて、困っている。